化粧水でエイジングケアしたいのなら - 化粧水によるエイジングケアの必要性
  • 化粧水でエイジングケアしたいのなら

    エイジングケアというと、化粧水をはじめとするスキンケアコスメの成分的な効果ばかりに目が行きがちです。

    しかし、エイジングケアに限らずスキンケア全般において大切なことは、成分だけでなくその使い方にもあります。化粧水をより効果的に使うために、塗り方もチェックしてみましょう。化粧水をお肌に塗る際、手に直接とる方法かコットンを使う方法が一般的です。

    化粧水のエイジングケア情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

    どちらの方法にもメリットやデメリットはありますが、エイジングケアでおすすめなのは手に直接とる方法です。

    というのも、スキンケアにおいて重要なのはお肌への外的刺激をできるだけ避けることだからです。



    外的刺激には紫外線によるダメージや髪の毛が肌表面を刺激してしまうことなどありますが、スキンケア中に気を付けたいのが化粧品を塗布する際に強い力で執拗にこすってしまうことです。


    化粧水を塗る、とは言っても実際には肌表面をゴシゴシ擦るようではお肌は傷ついてしまいます。

    またエイジングケアとして見過ごせない小ジワも、肌をこすることで増える危険があります。

    できるだけ肌への摩擦を減らすために、両手の平に化粧水を広げ顔を優しく包み込むようにしてお肌へ浸透させるイメージをもちましょう。
    顔表面を滑らせるよりも、肌構造の内部にぐっと押し込むようにするのがコツです。

    そして、こうした塗布の仕方には、やはりコットンよりも手に直接とる方法のほうが向いています。


    コットンでは意図に反して結果的にこすってしまうことも多いですし、手に直接とることで体温で温めながらより効果的に浸透させることができます。